【サーバー管理】8月以降企業、公的機関様からのアクセス数が増加

この数年間、個人、高専、大学からのアクセスがメインだったのですが、2020年夏になって、全体の数量が増えたので、多分 学生さんの夏休みの工作だと思っていたのですが、9月になっても衰えないため、VISITORのドメインをしらべてみました。

 

●大手企業
以前から日本を代表する企業の本社所在地から、アクセスがあったのですが、記事を閲覧する時間と回数は少なかったのですが、8月以降、記事を閲覧する時間も回数も増えていて、同じ会社でも別部門からの同じ記事へのアクセスも増えてきてます。明らかに、社内でも自作電子工作をしたい人が増加しているみたいです。朝9時から夜22時くらいまでのアクセスなのでお仕事だと思います。テーマは、自作ロードセル、6分力センサ、微差圧センサ、VBシリアルプログラムなどです。

 

●公的機関
工業試験所など税金で運営されている技術開発研究機関からのアクセスが
増えてます。今までこの手の機関からのアクセスはJAXXAくらいしかなかったのですが、最近は、産総研など日本を代表する研究機関からも記事閲覧がきてます。政府のIT化の遅れが世界的に遅れている課題が明確になってきたので、お役所全体でIOT化も進める機運が進むのではと期待してます。多分、専門外でもマイコンとセンサをつなげて、専門のテーマ研究に役立てたいというご要望ではないかと思います。少しでも貢献できればと考えて、記事の整備を心がけていきます。

 

●大学、高専
試験期間は、減りますが、最近は、LRTKと多分力センサが学校からの
アクセスが多いです。何十分も何回も閲覧に来てますので、そういう方式で
測定をすすめようかと検討している様子が分かります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です